命の教育・北はりま地域ビジョン


平成14年度 西脇3中学(西脇中学校・南中学校・東中学校)の記録  

地域ビジョンは、西脇の中学からから発信しました。     

2000年7月に西中の三年生と「命について考える」緊急講演を行ったのが、私と中学生との直接の関わりの最初でした。
その関わりが、中学生に「命の大切さを、救急に関わっていた者が、心肺蘇生法の講習を通じて教えようという<命の教育>の原点です。平成14年度は、7月10日(水)9月20日(金)25日(水)10月16日(水)23日(水)30日(水)3年生6クラス別に実施しました。 

報告者 笹倉美奈子(事務局)
平成14年10月23日・西脇中学校
西脇中学校生徒 、西脇中学校教員4名
冨原医師 、和田医師、西多可消防本部1名
<実技指導 西多可消防本部 高瀬さん>
高瀬さんの指導を熱心に聞き入る中学生。胸が膨らんでいるのを確認し 、感心したようにうなずいていた。心臓マッサージの手の形を指導すると 、同じように手を合わせて練習している生徒もいた。

 

 

<冨原医師講義概要>西脇では、心臓の病気で亡くなる人が全国平均の2倍、救命率の低さの原因は 、救急車が来るまでの応急手当がなされていないことである。応急手当を行えば、救命率は2倍に上昇する。ハイマン選手の事件があってから16年!まだ全然事態は良くなっていない。「人の命は人が救う!」救急現場で大切なことは、「この人を死なせてはならない」という心の問題


<実技講習>今回の中学生の実技講習では、本当にあちこちで「1、2、3、4、5」という大きなかけ声や、拍手が聞こえました。けれども、訓練はあくまで人形を使って行ってください。健康な人間に対して行うことは 、大変危険です。そして1時間がすぎ、最後には 、教師の指導の間違いを指摘する程の上達ぶり。本当に頼もしい限りです。<冨原医師 補足>実際の救急現場に直面したときに 、口から血を吐いているなど、どうしても人工呼吸を躊躇してしまうようなときは 、心臓マッサージをするだけでも効果があります。肺が収縮することによって、多少の換気が行われるからです。また、患者がベットに寝ている時などは 、マッサージをしても効果が薄いので 、下が堅いところに移動する必要があります。

西脇市のビジョン委員 
芦田 きよ子さんの報告から転載

7月12日(金) 午後12時30分より心肺蘇生法 西脇南中学校で行なわれる
体育館で 、全校生徒を前に冨原先生からスライドを使って命の大切さ 、愛する人を救え、友人を救えと熱く訴えられました。西脇南中学校では、昨年にも行なわれ、2回目でした。生徒達の真剣なまなざしと耳を傾ける姿には、私達も背筋が伸びる思いがしましたが、冨原先生も「今日の生徒達の態度がとても良かったので 、いつもより力が入りました。」とおっしゃっていました。13:40より2年生120名を対象に 、8班に分かれ実技指導が始まりました。


西脇消防署員3名と、ボランティアグループ勇気3名の熱心な指導のもと、生徒達は 、少し気恥ずかしさをのぞかせましたが、次第に拍手と歓声が沸いてくるようになり、最後に消防署員が応答に困るほど 、質問が次々とでました。

1年生と3年生は講義のあと、教室で感想文を書くことに。帰りに2年生の実技を見ている生徒もあり、「おれ達も教えてもらった」と見学していました。態度が熱心でテキパキとした行動、とにかく素直な姿に 、今時の・・・と言う言葉をよく耳にする昨今ですが 、西脇南中での熱い暑い午後の時間帯 、久しぶりにさわやかな気分で終了しました。

冨原先生 、皆様ありがとうございました。

日時 7月18日(木)午後1時より
場所 西脇東中学校 食堂 3年生対象 45人
13:00 校長先生挨拶で開会 
13:05 冨原先生 スライドを使い講演14:05 講演終了14:10 西脇多可消防署 足立隊員 冨原先生 ボランティア勇気の方達で6班に分かれて実技指導 

生徒会長 山本ケンタ君のお礼の言葉
「人の命は、人が守ることを知りました。心肺蘇生法と字で書くと難しいのですが、実技をして自信がつきました。これからも、マスコミなどを見たりして行きたいと思う。ありがとうございました。」

感想(ビジョン委員・長谷川さん)
大変暑い日でしたが、会場の食堂は爽やかな風が通り、生徒数も45人と南中学校よりも少なくファミリーな雰囲気で始まりました。

先生が1年間に、突然心停止で死亡する人が十万人もいるといわれたとたん、少々ウトウトしていた子供達もシャキッとしました。それから目の色が変わりました。実技になると、皆大きな声が出ました。少しもためらう事無く人形にアタックです。女性徒のなかには少々キャシャな人もいて大変なところもありましたが、全員素晴らしい実技が出来ました。今回、ビジョン委員は私一人でしたが、この素晴らしい元気を一人で頂いてきました。とっても良かったです。感動しました。


ご意見・メールをお待ちしています。
E-mail : tomihara@tomihara.com