地域医療検討会とは

全国で自治体病院が
小児科を中心に、
産科、救急医療が
継続できない事態に
陥っている現状を
決して人ごとでないとの
認識に立ち、
地域の最後の砦
ランドマークである
西脇病院を
有形無形に守るための
活動を医師会が
音頭をとって、
守る会・商工会・広く市民と連携し活動しています。

地域医療は、
どうなっていくのか

医師は、
医療崩壊の
専門家ではない。

だからこそ、
私たちも勉強しました。

 医療崩壊の
キイワードは、

「低医療費政策」
「医師不足」
「勤務医を取り巻く環境」

医療崩壊を学ぶ本

低医療費政策と医師の気持ちに迫る本なぜ医師は、病院から去っていくのか?!

「立ち去り型サボタージュ」
とは、なにか?!

 「医療崩壊
サマリーPDF」

医療崩壊」

虎ノ門病院泌尿器科:小松先生の力作。

すべて読むのが大変な方へ

西脇多可郡医師会で一昨年に「医療問題研究会」で読み合わせを行いました。

その際の「サマリー」をPDFファイルでアップしました。

是非お読み下さい。